フォト

ヨガジェネレーション

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

Trianga Mukhaikapada Paschimattanasana

続いてTrianga Mukhaikapada Paschimattanasanaです。難しいアーサナ名ですね~。カタカナで書くと「ティリャングムカイカパーダ・パシュチマッターナーサナ」でしょうか。英語表記もカタカナ表記も文献によって違ったりするので発音で覚えると良いと思います。 このアーサナは前回のアーサナのカウンターポーズ(対称のポーズ)にあたります。どちらも膝を折り曲げて大腿四頭筋を伸ばし大腿骨を回転させながら前屈しますが、膝を曲げる向きを変えることで股関節を開く方向を変化させています。少しづつ難易度の高いアーサナの準備に入っていく段階です。 ポイントは、まず大腿四頭筋をしっかり伸ばす事から始めます。この筋肉が大きく発達している人、特に男性は非常に苦労するところです。ヴィーラサナなどを日常の練習に取り入れると上達が早いと思います。 両坐骨はマットに降ろすようにします。はじめは膝を曲げた方の坐骨が浮いてしまうかもしれませんが、大腿四頭筋が伸ばせるようになると自然に坐骨が降りてきます。そしてウディヤナバンダ、ムーラバンダをして前屈に入りますが、その時曲げた膝が外に開かないように注意深く前屈します。そうしないと股関節に適切に働きかける事ができなくなってしまいます。大腿骨の回転で言うと、アーサナをセットする時は内旋させ、前屈してアーサナに入るときは外旋させます・・・動きが小さいので初めは感覚を掴み辛いかもしれませんが、徐々に意識を向けてみましょう。ジャンプバック&ジャンプスルーは、初めはショートカットせず一度アーサナから出て足クロス→身体を持ち上げて→スウィングしてジャンプバック。ジャンプスルーして一度ダンダーサナをとってからアーサナに入りましょう。確実に出来るようになってきたらダイレクトにアーサナに入って抜けるバージョンにトライしましょう。この一連のハーフヴィンヤサは必ずコントロールされたものでなければなりません。勢いだけでやっているとなかなか上達しなかったり、思わぬ怪我に結びつくので体の感覚を研ぎ澄ませて取り組みましょう。

2012年11月20日 (火)

Ardha Baddha Padma Paschimottanasana

何かとてもバタバタした日々が続き、なかなか次のアサナへ進めませんでした。どうも年末に向けてそんな日々が続きそうな感じです。アップするペースが遅くなりますが少しづつ進めていきますね。 続いてはArdha Baddha Padma Paschimottanasanaです。ここから股関節を内旋させたり外旋させたりするポーズが続きます。これだけ大腿骨を回転させるポーズが続くという事は、ヨガのアーサナにおいていかに股関節の可動域が大切かを物語っています。ヨガアーサナの効果を最大限に引き出すには身体の柔軟性向上、関節の可動範囲を拡げることが不可欠になります。 このアーサナをとる目的は半蓮華座にした足の踵でおへその辺りを強く圧迫する事で内臓の浄化を図ることです。そうするには半蓮華座が正しく組める事、まずは大腿骨(太もも)を外旋させ股関節をしっかり開くことから始まります。よく見られるのが股関節の開きが甘く踵がおへそに届かない状態(太ももに足が乗っている状態)で前屈を深めようとする事によって起こる膝への負担による膝の故障です。股関節が開かない部分を膝が受けてしまって問題が起こります。なのでまずはしっかり股関節を開く事を意識したアーサナを取ることが大切です。腕を背中から回して蓮華座を組んだ足の親指を掴みますが、それには深く蓮華座が組める+肩を後ろに送る為の小胸筋の柔軟性が必要です・・・ちょっと話が複雑になってしまって混乱してきました。まず第1の目標として半蓮華座を組んで後ろから回した手でその親指をしっかり掴める事を目指しましょう。その時上半身は正面を向いている事。そこまで来たらようやく前屈させてアーサナを深めていきます。全てが整ったときにそのアーサナの効果が実感できるでしょう。っと文章にするとなかなか難しく感じますが、じっくり取り組んでいけば大丈夫!上達の過程を楽しみましょう!流れは動画で確認して下さいね。移行のテクニックは今出来る範囲で行いましょう。

2012年11月17日 (土)

1クラス追加決定!!渡辺純子先生 陰ヨガWS

12月8日(土)~9日(日)に開催予定の渡辺純子先生の陰ヨガWSですが、9日(日)の「体調不良改善ヨガ」がすでにキャンセル待ち状態のため、急遽クラスを増設する事になりました。
8日(土)10:00~12:30の予定で「体調不良改善ヨガ」を行います。また、既に9日(日)でご予約いただいている方も8日(土)10:00~のクラスに変更可能ですのでご希望の方はご連絡下さい。
尚、引き続き8日(土)14:00~「陰ヨガベーシック」は若干名募集中ですのでご希望の方はお早めに!
※仮予約中でご入金がまだの方はお早めにお支払いをお願い致します。入金順にご予約確定していきますのでよろしくお願い致します。

Photo

陰ヨガで大人気のビクター・チャン先生の通訳、アシスタントとして活躍中でご自身も陰ヨガティーチャーとして並々ならぬ情熱を持って陰ヨガの普及に努めていらっしゃる渡辺純子先生のワークショップをBody and Soulで開催する事になりました。
お待たせしました!クラスの詳細が決まりました。下記の内容で開催いたしますので参加ご希望の方はお電話かメールでまず仮予約をお願いします。受講料お支払いを持ちましてご予約完了とさせていただきます。原則スタジオ受付でのお支払いをお願いしておりますが、WS当日までにご来店が難しい場合は仮予約後、お振込先をメールでお知らせします。レッスンのキャンセルは1週間前までにご連絡していただければ全額返金させていただきます。それ以降は返金いたしかねますのでご了承下さい。

【日時】
2012年12月8日(土)
②10:00~12:30(追加クラス)
                            ①14:00~16:30
                9日(日) ②9:30~12:00

【レッスン内容】
12月8日(土)14:00~16:30
①陰ヨガベーシック:静止する事の大切さ
私たちが日常の中で静止する時間はどれくらいあるでしょう。恐らく寝てるときくらいでしょうか。その睡眠中も深い「静」が得られてるでしょうか。
中医学では、すべての事象は「陰」と「陽」の気から成り立っており、人も同じと考えます。そして、人はこの陰陽バランスを取ることで健康でいられると考えます。
気は、活発に動くことで、血液循環、水分体内、呼吸、消化などのあらゆる生理活動を可能にしています。昼に、自然界のあらゆる生き物が活発に動き、太陽の下で活動しているのと同じです。
一方、夜になると、太陽は沈み、生き物たちは静かに眠りにつきます。人も同じです。睡眠をとることで、今度は、気が体内に潜り、昼間活発に動いたことで消耗した内臓やエネルギーを回復させることをします。
「陰」と「陽」は、まったく逆の概念を持っていますが、対立することでバランスをとっています。従って、どちらか弱くなったり強くなったりすると、もう片方が相対的に強くなったり弱くなったりとバランスが崩れます。現代社会では、その生活スタイルから「陽」過多になる傾向があり、頭痛、めまい、疲れ目を起こしたり、自律神経失調症やうつ病になってしまう人が少なくありません。
このワークショップでは、静止すること(=陰の働き)の大切さを理解するとともに、陰ヨガのプラクティスを通してそれを実際に体験していただきたいと思います。

12月8日(土)10:00~12:30(追加クラス)
12月9日(日)9:30~12:00
②体調不良改善ヨガ:冷えを改善
「冷えは万病のもと」と言われるように、頭痛、肩こり、月経困難症、不眠、むくみ、肌荒れ、下痢などあらゆる不調の原因となります。また、冷えは放っておくと、より重たい病気を誘発する原因にもなり、早めに対処することが大切です。
特に、男性に比べて筋肉量が少ない女性に多く見られます。冷えが特にひどくなりがちな寒い季節には、特にケアしてあげたい不調です。
冷えの原因は個人によりさまざまですが、中医学の観点からは、気血の不足や滞りや陽気の不足が原因と考えます。疲労やストレス、睡眠不足で滞りが生まれてしまったり、女性の場合は月経にも影響を及ぼしたりするケースも少なくありません。運動不足も熱を生みにくい体質となり、冷えの原因となります。また、老化とともに冷えを感じる人もいます。
このワークショップでは、冷えの改善を助けてくれる陰ヨガシークエンスで、じっくり深いプラクティスを行っていきます。皆様の参加をお待ちしております

【参加費】
1レッスン4.500円

【定員】
1レッスン16名

【予約連絡先】
電話  052-602-5539
メール 
info@body-soul.co.jp

【講師プロフィール】
東京生まれ。横浜育ち。高校3年間をアメリカのシアトルで過ごす。忙しいOL生活を経て、心身ともに健康をもたらすヨガの魅力にたどり着く。
ベトナムのホーチミン市滞在中にヨガと出会い、2008年3月、カリフォルニア州サンタモニカのYogaWorksにて、200時間の
トレーニングを終え、全米ヨガアライアンス認定資格(RYT200)を取得。2008年より、ビクターチャン氏に陰ヨガを師事。ビクター氏のお膝元シンガポールにて、「陰ヨガの理論と実践」「陰ヨガ:経絡」「陰陽ヨガ」の100時間ティーチャートレーニングを終了。2009年より、ビクター氏の陰ヨガ講師養成講座で、通訳とアシスタントを務めている。
トレーニング、海外リトリート、通訳を通して、師匠ビクター氏の陰ヨガに最も接し、学びを受けている陰ヨガインストラクター。
現在、英国IFA認定アロマセラピストでもあり、ヨガやアロマセラピーを通して、ココロとカラダのバランスを重視したホリスティックなライフスタイルを提案している。

【先生からのメッセージ】
陰ヨガは、普段私たちが慣れ親しんでいるヨガとは、まったく逆の性質を持つヨガです。体内の自律神経系が交感神経と副交感神経のバランスをとり、私たちの健康を維持しているように、ヨガにも陽と陰のバランスを持つことは大切です。
陰ヨガは、体の柔軟性を高めたい方、アクティブなタイプのヨガよりゆったりタイプのヨガが好きな方、ヨガをこれから始めたいと思っている方、ご自分のヨガに陰陽のバランスを取りたい方、性別や年齢に関係なく、誰でもいつからでもできるヨガです。
この特別クラスでは、陰ヨガについてより深い説明を行い、レギュラークラスではフォローしきれないポーズの詳細等も学んでいきます。より深い知識と経験を得ることで、皆さんの陰ヨガがより効果的になること間違いなしです。新たな陰ヨガの側面に触れていただけたらな、と思います。
陰ヨガをより深めたい方、陰ヨガのポーズをより詳しく勉強されたい方、これから陰ヨガを始めてみようと思っている方などにお勧めのコースです。

Junkowatanabe

2012年11月16日 (金)

ランヨガ写真集

少し遅くなりましたが11月11日(日)に行われたイベント「ランヨガ」の模様を写真で紹介します。当日は雨にもかかわらず13名の参加がありました。数日前に雨の不安から何とか雨をしのいで少しでも走る事が出来る場所はないかと周辺を下見したところ、良い場所を発見!短い距離ではありましたが、走る為に有効なエクササイズやフォームのチェックなどを和気あいあいと楽しく行う事ができました。スタジオでのヨガもERI先生のリードで気持ちよく、またペアワークなども交えて楽しく行う事ができ、皆さんイベントを堪能された様子を見て「あ~、やってよかったな~」と胸を撫で下ろしました(笑)ご参加くださった皆様、ランニング指導の浅見先生、ヨガ指導のERI先生、本当にありがとうございました。
Img_2203
始めのヨガ。まずは心を落ち着けて
Img_2207
走り出す前の基礎知識、これがとっても大事!
Img_2208
雨の中…木々が色づいてこれはこれでいい感じ
Img_2209
ランニング開始!まずは走ってみよう!
Img_2211
走りに有効なエクササイズの実践、股関節は重要だ~
Img_2213
スタジオへ戻ってストレッチ&リラックス
Img_2215
ペアワークで踏み踏み・・・気持ちい~い!
Img_2217
そして仕上げはお互いの「気」を感じ、そして共有し・・・
Img_2219
最後はランニングポーズで記念撮影!皆さんお疲れ様でした!

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »