フォト

ヨガジェネレーション

無料ブログはココログ

« 3/20~のレッスンスケジュール | トップページ | オープン2周年 »

2009年3月20日 (金)

アシュタンガヨガ

 みなさんこんにちは、オーナーの植村です。
今回はアシュタンガヨガについてです。私も普段アシュタンガヨガを練習していますが、高強度の運動負荷と深いリラックスを同時に味わう事ができる非常によく考えられた完成度の高い素晴しいヨガだと思います。ではまずアシュタンガヨガとはどのようなヨガなのかを私のわかる範囲で簡単に説明します。

 アシュタンガヨガはインド・マイソールのパタビジョイス師(Sri K Pattabhi Jois)によって指導されているヨガで、およそ2500年前、ヨガの聖者パタンジャリによって作られたといわれるヨガの根本経典の中の第二章に書かれているヨガの実践部門にこのアシュタンガが明記されています。
欧米を中心に人気があるパワーヨガのベースとなったことでも知られています。

 アシュタンガヨガは毎回一連の同じポーズを決まった順序で練習を繰り返すことが特徴です。今行っているポーズが次のポーズへの予備ポーズとなるので順序を守って行うことが大切となります。それにより上達するにしたがって次々とポーズの完成度が高まっていく仕組みになっています。

 プライマリーシリーズといわれる初級シリーズの構成は、スリヤ・ナマスカーラ(太陽礼拝)、立ちポーズ、座りポーズ、逆さのポーズ、そしてフィニッシングといった流れで行われ、呼吸に合わせてポーズからポーズへ途切れることなく流れるような動きで繋いでいくビンヤサと呼ばれるスタイルで行われていきます。
非常にチャレンジングでやりがいのあるヨガですが、かなり運動量があり、難易度の高いポーズも含まれるので焦らずじっくりと取り組んでいく心のゆとりが必要です。

 アシュタンガヨガを始めるとまずアサナ(ポーズ)の練習に没頭しますが、徐々に八支則というアシュタンガの8つの部門を理解することが必要となってきます。
その八支則とは、

1.禁戒(ヤマ)Yama:他人に対する守るべき行動
2.勧戒(ニヤマ)Niyama:自分に対して守るべき行動
3.坐法(アサナ)Asana:瞑想
4.調気(プラナヤマ)Pranayama:呼吸法
5.制感(プラティヤハラ) Pratyahara:感覚を閉じる
6.凝念(ダラナ)Dharana:集中力
7.静虜(ディヤナ)Dhyana:落ち着いた精神状態
8.三味(サマディ) Samadhi:悟り、一体感

これらの詳しい説明はアシュタンガヨガの出版物やネットなどで調べることが出来るので興味がある人は調べてみてください。

 ここまでを見ると何か凄く大変なヨガのような印象があるでしょうが、個々の習得レベルに沿った軽減法を用いた練習が可能なのでヨガの経験が少しばかりあればいつでもどなたでも始める事ができます。
Body and Soulでは毎週水曜日19:30~Ban先生によるアシュタンガヨガのレッスンを開催しています。Ban先生は大変強い熱意を持って指導していただいております。そして丁寧で解りやすいレッスンなので経験が浅くても心配要りません。
私もいつもレッスンに参加しているので一緒に練習して強い体と精神、高い集中力を手に入れましょう!

« 3/20~のレッスンスケジュール | トップページ | オープン2周年 »

レッスンレポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。